*おいしいお茶の淹れ方

《青茶・中国緑茶などの淹れ方のヒント》

*様々な青茶(半発酵茶・烏龍茶・鉄観音等)中国などの釜炒り緑茶、ジャスミン茶などの花茶もこの淹れ方に準じます。

・必ず必要な道具
湯沸し(耐熱土瓶、ステンレスケトル、鉄瓶など)
茶壷(ちゃふう)あるいは蓋碗(がいわん)
湯呑

・出きればあった方が良い道具
茶漏(漏斗状の物。有ると急須に入れる時こぼし難くなります)
茶漉し(目が細かい方が喉越しが良くなります。)
茶海(ピッチャーのような物。急須に使う湯量と同量以上の物)
茶さじ(大きく撚れた茶葉もすくえるよう、長細い物が使い易いと思います。)
温度計(自分好みの湯温で淹れたい時に)
抽出時間計測用タイマー(砂時計でも、キッチンタイマーでもできれば15秒刻みで計れるとベター。)
茶巾(周囲がぬれるので)
蓋置き(蓋を置く為。小皿・コースターでもOK。)
茶盤(お茶を淹れる時に使う排水機能の有る台。他のお茶にも使え、とても便利です。)

※その他茶鋏などの小道具類、茶筒、茶托、急須台など自分の淹れ方で必要と思うものをご用意ください。




A:茶壷の使い方

宜興などの陶製は主に青茶で使います。
景徳鎮、日本の伊万里、有田など磁器、耐熱ガラス製は釜炒り緑茶や花茶に向きます。

イ:器を暖める

・器は必ず暖めて下さい。
香りをはっきり、持続的に出す為には不可欠な手順です。
ロ:茶葉を入れる

・暖めた茶壷に茶漏を付け、茶葉を入れます。

・入れた茶葉を真中が空く様に操作します。
お湯を注ぐ時直接茶葉にあたり、苦渋味が出ない様にする工夫です。
ハ:茶葉の量

・茶壷の底が埋まる程度に入れて下さい。
100cc前後の茶壷の場合は大体3g位です。

・珠状の御茶(凍頂烏龍、鉄観音など)は気持ち少なめ、柳葉状(東方美人、鳳凰単叢など)は多めに。

ニ:湯温と注ぎ方

・一度は必ず沸騰させた御湯を保温状態にし、御茶を淹れる時に再加熱します。
(長時間沸かし過ぎの場合は、新鮮なお水を足し、また沸かし治して下さい)。

・一煎目から強い香りを引き出したい場合はグツグツいっている100℃近いお湯を、最初は優しい風味に出したい場合は90〜80℃位の湯で淹れて見て下さい。

・高い位置から注ぐとより香りを引き出し易くなります。
ニ煎目以降は茶葉がふやけてゆきますので茶葉をいたわる様に茶壷の傍からそっと注いで下さい。

ホ:抽出時間と注ぎ方

・何煎でも基本は1分です。御好みで御時間に変化を加えても結構です。

・高温の湯を使っていますので茶壷本体は火傷しそうなほど熱くなっています。
取っ手を親指と中指で持つ様にし、人差し指は茶壷の突起部(空気孔が有る場合はふさがないで)に添えます。

・渦を巻く様にゆっくり3回ほど廻した後、上下に3回くらい揺すり注ぎきって下さい。
ヘ:注ぎ切る(1)

・茶漉しをとおしますと喉越しが良くなります。
茶海を使いますと濃さを均等に出来ます。

・茶壷蓋の突起の空気孔を押さえながら蓋を開け閉めしますと、中の空気圧から注ぎ口へ茶湯が押し出されて来ます。
ト:注ぎ切る(2)

・最後に茶壷の底をポンッと軽くたたき、茶壷内の茶葉をほぐしたら残りの茶湯を全て出しきります。

・蓋を空けて中の余熱を逃がしてあげて下さい。
抽出し易くなります。
ニ煎目以降は茶壷が冷たくなってますので、淹れる前にお湯を茶壷全体にかけ、暖めて下さい。


B:蓋碗の使い方

中国では茶壷よりもポピュラーな道具で、景徳鎮などの磁器製のものが多いです。
緑茶や花茶、鳳凰単叢など大きい茶葉の青茶に向きます。

基本は茶壷の淹れ方を参考にして下さい。

その1

茶葉は片側に入れる様にし、お湯を注ぐ場所を作っておくと、御茶の苦渋味を押さえられます。
その2

・急須のように使う場合は蓋を図のように押さえながら注いで下さい(磁器の為大変熱いので指の先のみで扱います)。

・蓋付きの湯呑としても使えます。茶葉が入ったままでも蓋をうまく使い押さえながらすすって下さい。

・茶葉が片側によった状態のまま蓋を空けて熱を逃がしておいて下さい。次の抽出がし易くなります。
茶葉専門店

トップページへ