*おいしいお茶の淹れ方

《抹茶の点て方のヒント》

*各宗派によって点て方は微妙に異なる様です。
葉のしずくは生産者の方からお聞きした抹茶の点て方をご紹介致します。

・必ず必要な道具
湯沸し(耐熱土瓶、ステンレスケトル、鉄釜など)
茶筅(ちゃせん。刷毛が多い方が泡立ちは良いですが、扱いが難しいです)
抹茶碗(ドンブリ、飯碗でもOK)

・出きればあった方が良い道具
茶篩(ちゃふるい。抹茶のダマを細かくした方が喉越しが良くなります)
茶筅立て(茶筅の穂先の保護)
茶杓(ちゃしゃく。耳かきの大きいものの様です。静電気が付かない素材のもの)
温度計(自分好みの湯温で淹れたい時に)
茶巾(周囲がぬれるので)
へら(抹茶を練る時に使用。小さなスプーンでも可)

※その他棗、碗敷き、懐紙など自分の淹れ方で必要と思うものをご用意ください。
イ:湯を沸かす

・必ず一度沸騰させた湯を使います。立てる時に注ぐ湯温は90℃位です。
茶筅で泡立てると適温の70℃前後になります。

・鉄釜などで沸かした湯は金属イオンの影響でまろやかになり、抹茶など旨味を楽しむお茶に向きます。
但し香り立ちがやや萎みます。
ロ:器・茶筅を温める

・特に茶筅は乾いたままですと穂先が折れ易く、泡立ちも悪くなります。穂先が柔らかくなる様、しっかり温めておく事。
ハ:抹茶を入れ、練る

・抹茶の量は約2g。茶杓で1杯半が目安です。
・茶篩にかける余裕が有れば良いのですが、大抵は缶からその場で抹茶をすくい出す事に成ります。

先に碗を温めていた湯をほんの微量残し、抹茶を入れてへら等で練りペースト状にします。
ダマが無くなったらOKです。
ニ:抹茶を立てる(前)

・90℃位のお湯を注ぎます。
出来れば直接抹茶のペーストに触れない様に。

・茶筅を馴染ませながらペーストをほぐして行きます。
急ぎすぎず、手早く願います。
ホ:抹茶を立てる(後)

・全体にペーストがほぐれたら、茶筅を人差し指、中指、親指の3本でしっかり持ち、少し茶碗の底に茶筅を押し付ける様にしながらかき混ぜます。

・「W」「M」を交互に書く様、茶碗全体を掻き混ぜます。充分に泡立ったら最後に「の」の字を書く様軽く茶筅を廻しながら茶碗中央から引き抜きます。

真中にこんもりと泡が角立ったら良く点てられた証拠です。
ヘ:茶筅・抹茶の保管

・穂先を上にしますと抹茶が根元に伝って折れたり、不衛生ですので、茶筅立てで穂先を下にして置くのが望ましいです。

・抹茶は最も傷み易いお茶ですので、使用後は速やかに厳重に密封し、除湿された冷蔵庫などに保管して下さい(開封後は出来るだけ早く飲み切って下さい)。

茶葉専門店

トップページへ