*おいしいお茶の淹れ方    

《煎茶などの淹れ方のヒント》

*煎茶や芽茶、川柳など日本の緑茶はこの淹れ方に準じます。

・必ず必要な道具
  湯沸し (耐熱土瓶、ステンレスケトル、鉄瓶など)
  急須 (一人分の湯量を用いる湯呑を使って計測しておくと茶葉の使用量がおのずとわかります。)
  湯呑

・出きれば有った方が良い道具
  茶漉し(目が細かい方が喉越しが良くなります)
  湯冷まし(急須に使う湯量と同量の物)
  茶さじ(どんなお茶でも常に同じさじを使う事をお薦めします)
  温度計(自分好みの湯温で淹れたい時に)
  抽出時間計測用タイマー(砂時計でも、キッチンタイマーでもできれば15秒刻みで計れるとベター)
  茶巾(周囲がぬれるので)
  蓋置き(急須の蓋を置く為。小皿・コースターでもOK)

※その他茶筒、茶托、急須台など、ご自分の淹れ方で必要と思うものをご用意ください。


イ:お湯を冷ます

・必ず一度お湯を沸騰させます。
汲みたての水の方が香りが発ちやすく味はシャープに、汲み置いたお水の方が穏やかな香りで滑らかな飲み口になり易いです。

・沸騰したお湯を適温まで下げます。

手順としては

\茲鎖与分の湯呑に(100〜95℃のお湯が90〜85℃に)
△修療鬚鮗里討困傍淇椶法聞垢82〜77℃に)
最後に湯冷ましに(更に75〜70℃に)
器を一つ通す度に10〜7度位の温度が下がると思って下さい(高い所から注いで湯を移すと更に温度が下がりやすいです)。

・適温の目安
日本茶は抽出が他の種類のお茶に比べ茶葉が開き易く、一煎目にお味が集中しやすいです。何煎かに分けてお茶を楽しむにはやはり温度でお茶の風味をコントロールして下さい。

通常煎茶、芽茶、茎茶⇒60〜70℃
粉茶、川柳、釜炒り茶⇒80〜70℃
高級煎茶、玉露芽茶、玉露、手揉み茶⇒40〜60℃(人肌程度でも)

ロ:茶葉の量


・茶葉の量は小さな粉状に近い茶葉(深蒸茶、粉茶、芽茶など)は擦り切り程度、大きい茶葉(浅蒸茶、川柳、茎茶、釜炒り茶、玉露など)は膨らむ程度にすくって下さい。

・茶さじは市販の物の大きさを参考に2〜3g計れるものなら良いです。
カレーやスープ用のスプーンでも良いでしょう。

ハ:お湯を注ぐ前に


・お湯を注ぐ時、直接茶葉にあたらない方が苦渋味を出にくくします。
急須の真中か、片側を空けてお湯を注ぎやすくして下さい。

ニ:抽出(お湯の入れ方・時間)


・お湯は静かに注ぐと苦渋味が押さえられ、勢い良く注ぐと香りを引き立てます。

・緑茶に分類される日本のどのお茶も抽出時間は基本は1分です。
低温でゆっくり出す高級茶(玉露など)の場合は1分半〜2分です。
粉茶や川柳など熱湯で渋味を強調したい場合には注いでから一呼吸だけまって注いで下さい。

・2、3煎目は大抵のお茶は温度を上げる変わりに抽出時間は半分程にして行きます。

お好みで色々試してみて下さい。


ホ:抽出(注ぎ方)


・あくまでも参考例です。

\茲才匹垢辰燭蠅擦困宗爾辰硲/3程注ぐ
続いて大きく渦を巻き込むように3回転させ残り半分注ぐ
やや小さく3回廻し、更に半分注ぐ
だい良く小刻みに3回廻し
サ淇椶慮を上下に軽く振りながら全て注ぎきる

・縦に強く振ると苦渋味が増します。
横に廻す事でそれを防ぐとともに、御茶の濃さを均等に抽出する方法です。

・人数分の湯呑へ濃さが均等になるよう、交互に注いで下さい(湯冷ましに全て注いで湯呑に注ぎ分けるのも上手な方法です)

ヘ:抽出後


・一度だけ急須内の茶葉を強く上下に振り、残りの水分を出来るだけ絞り出しておきますと、二煎目に抽出しやすくなります。

・絞って急須の前部に張付いた茶葉を、急須の底、もしくは尻をポンッと軽くたたき、ほぐしてあげます。

・蓋を開けておき、中の湿気、温度を逃がしておくと、次ぎの抽出時茶葉が新鮮な状態を保ちます。

茶葉専門店

トップページへ