*おいしいお茶の淹れ方

《紅茶・プーアル茶などの淹れ方のヒント》

*紅茶やプーアル茶などの黒茶、日本の晩茶などの発酵・焙煎が強い御茶は、何回も抽出する事は出来ず、基本的に1回のみです。
(青茶の淹れ方で複数回淹れる事も可能では有ります)
それぞれの場合を併記します。


・必ず必要な道具
湯沸し(耐熱土瓶、ステンレスケトル、鉄瓶など)
ティーポット(一人分の湯量を用いるカップを使って何杯分かを計測しておくと茶葉の使用量が自ずと解る)
ティーカップ(白磁やボーンチャイナは水色が美しく映える。陶器製の厚ぶりの物やステンレスなどの2重構造のものは保温性が良い)

・出きれば有った方が良い道具
茶漉し(目が細かい方が喉越しが良くなります)
茶さじ(どんなお茶でも常に同じさじを使う事をお薦めします)
温度計(自分好みの湯温で淹れたい時に)
抽出時間計測用タイマー(砂時計でも、キッチンタイマーでもできれば15秒刻みで計れるとベター)
茶巾(周囲がぬれるので)
ティーコゼー(保温する為の布、フェルトなどのカバー)

※その他茶筒、茶托、急須台など自分の淹れ方で必要と思うものをご用意ください。
イ:器を温め、茶葉を入れる

紅茶・晩茶:
ポット、カップともに温めておき、茶葉を1カップ(約200cc)につき茶さじ1杯(2〜3g)入れます。
大きいリーフの茶は膨らむ程度、ブロークンの細かい茶葉は擦り切り程度が目安です。
晩茶の様に茶さじで計測が難しい物は自分なりの加減で入れましょう。

黒茶:
基本的には紅茶と共通ですが、茶葉を入れた後に、1度80℃位のお湯で洗茶して下さい(ほこりや汚れを取るというより、硬くなった茶葉をほぐしてあげる効果があります。)
ロ:御湯を注ぐ

紅茶・晩茶・黒茶共通:
茶葉をお湯を注ぐ時に直接熱湯が掛からないようにすきまを空け、高い位置から勢い良く熱湯を注ぎます。
沸かして30秒位のお湯が香り立ちの良いお茶には最適です。
ミルクティーなどのコク優先のお茶の場合はしばらくに立たせてからのお湯の方が滑らかな飲み口になります。
ハ:抽出時間

紅茶:
・細かい茶葉で2分、大きな茶葉で3分未満ですと渋みのみの味気ないお茶になります。

・3分(2分)で一番軽い飲み口、5〜8分(3〜5分)でバランスの良い飲み口、10分(6分)以上で苦味の勝ったお茶になると思います、お好みで調節して下さい。
※( )内は細かな茶葉の場合の時間です。
ミルクティーには大きめの茶葉で5分、細かい茶葉で3分の抽出は必要に思います。

晩茶:
お茶の状況によってですが、緑茶に近い茶葉は1分づつで注ぎ分けても良いです。
通常は大き目の紅茶の時間に準じます。
ただ濃さは増すものの渋みや苦味は少ないお茶なので負担に感じるほどには成らないと思います。

黒茶:
晩茶に準じます。あっさりした風味がお好きなら1分からでも飲めます。
3分以上立ちますと黒茶の名どおりの濃厚さが出て来ます。
ニ:足し湯

葉のしずくではこれらのお茶は足し湯をしても良いとご案内しています。
ただ、お茶によってその方法は異なります。

紅茶:
ポットへの足し湯はやめた方が良いでしょう。
濃さのコントロールがつきにくく、1度薄まると黒茶などの様に重ねて濃くなる事は有りませんので、台無しになってしまいます。
カップで御味を確認しながら少しづつ足して下さい。

晩茶:
苦味が多少有るお茶はやはり湯呑の方に足し湯して下さい。
紅茶などより大きく繊維質などの雑味が出難いのでポットに足しても構いませんのでお好みでどうぞ。

黒茶:
どんどん濃くなりますので、どんどん足し湯して一日でも二日でも飲んで大丈夫なだけ飲み続けて下さい。
ビンテージ物は少なくても2〜3日位は楽しめます。

※ミルクティーのミルクを注ぐタイミングは先にミルクをカップに注いだ方がお茶の香り優先、後からミルクを注ぐ方がミルクの甘い香り優先になります。

※ロイヤルミルクティー(煮出し式・チャイ)の場合、ミルクのみで抽出する事が難しいですので、最初に湯を沸かし紅茶を抽出し(御好みで濃い目に)、その後ミルクを適量たして、沸騰前に火を止めて御召し上がり下さい。
お茶とミルクの割合を1対9(甘い)〜5対5(ほろ苦い)の間でお楽しみ下さい。

茶葉専門店

トップページへ